西宮市の小学生向けロボット・プログラミング教室16校を比較ベスト3!

小学校でのプログラミング教育必修化に伴って、西宮市でもロボット・プログラミング教室が急増しています。

両親にとっては、どこへ通わせようかと新たな悩みの種。そこで、西宮のロボット・プログラミング教室を検証、情報をまとめました。

おすすめできる教室を挙げておきますので、教室選びの参考にしてくださいね。

西宮市の小学生向けロボット・プログラミング教室おすすめ2選!

ロボット・プログラミング教室とひとまとめにしていますが、これにはロボット教室とプログラミング教室の2種類あるんです。

そもそもこの2つはどう違うのか、ここを先に説明しておきますね。

ロボット教室とプログラミング教室の違いは?

  • ロボット教室…ロボットを作り、プログラムでそのロボットを動かす
  • プログラミング教室…プログラムでゲームやキャラを作って動かす

どちらもプログラムを使う点は同じですが、形があるモノを作って実際に動かすのがロボット教室。パソコン内だけで作業するのがプログラミング教室です。

こういう違いがあるんですが、どちらかというと自分の手でモノを作り、それを動かすロボット教室のほうが子供には人気のようです。

プログラミング教室のほうも、パソコン操作になじめるというメリットがあるんですけどね。

両方の教室の費用や授業内容、評判などを比較して、西宮市の小学生におすすめな教室は2つありました。

おすすめ①ヒューマンアカデミーロボット教室

ここは名前の通りロボット教室ですが、教室によってはプログラミング教室も併設。西宮市には7ヵ所のロボット教室があります。

教室では教材としてロボットのパーツが配布され、これを使って「作る」ことと、「思いどおりに動かす」ことを学んでいきます。

このロボットはヒューマンアカデミーロボット教室のオリジナル。在籍中はこれを作ってはバラしながらずっと使います。

ブロックを組み合わせて作るので、いろんなロボットができます。飽きることなく長期間使うことができる優れた教材なのです。

授業は年長さんから参加OK

この教室は学齢前の幼児から参加できますが、ひらがなとカタカナが理解できることが必要です。

コースは4つ用意され、幼児からスタートして、順次ステップアップ。ビジュアルプログラムを調整しながら、思い通りにロボットを動かすレベルを目指します。

  • プライマリーコース…幼児から小学生低学年が対象。テキストを見て、ロボットを月2回の授業で1体のペースで計12体作る。
  • ベーシックコース…小学生が対象。ロボットを作り、構造を理解して改造できるまでになる。1年半で作るロボットは計18体。
  • ミドルコース…小学生が対象。複雑な構造のロボットを作り、初歩的なプログラムで動きを制御する。作るロボットは計18体。
  • アドバンスコース…小学生~中学生が対象。ビジュアルプログラムで自律的に動くロボットを、2年間で12体作る

各コースとも1回90分の授業を月2回こなし、前段階のコースを修了しないと次に進めません。

気になる費用はどれくらい?

そして、気になる費用です。ロボット教室なので、使うロボット代は受講者負担になります。もちろん持ち帰りできるので、もし挫折しても損はしません。

入会時に必要な初期費用です。

初期費用(税込)
入会金 11,000円
ロボット代※ 31,350円

※ミドルコース・アドバンスコースでは追加キット代が必要

続いて毎月必要な受講費用です。

月当り費用(税込)
授業料 9,900円
テキスト代 550円

毎月の費用が10,450円というのはかなりお値打ちだと思います。人気も高いので、すぐに満席になるみたいですよ。無料の体験教室は早めに行っときましょう。

おすすめ②アーテックエジソンアカデミー

アーテックのロボットプログラミング教材は、ものづくり日本大賞を受賞したすぐれた教材です。

政府主催の公的な表彰制度で認められた、信頼できる教材ということですね。過去には小松製作所やJFEスチールといった、一流企業が受賞しています。

また、2020年度から導入されるプログラミング教育の実証モデル教材に使われ、教育効果が期待できる教材であることが評価されました

アーテックエジソンアカデミーの授業内容は?

こちらの授業も、まずテキストを見ながらブロックでロボットを作ります。テキストは写真が主体なので、見ただけで理解できるでしょう。

ロボットができたら、さっそくパソコンでプログラム作りです。といっても、言語ではなく、画面上で命令ブロックをつなぐだけのビジュアルプログラム

キーボードは数字入力ぐらいなので、文字が打てない子でも問題ありません。

授業は1回90分で月2回です。1回目は基礎編で、ロボットとプログラムを作ります。2回目は応用編で、1回目の知識を生かして課題をクリア。

2回の授業でロボットが1体できます。2年間で24体のロボットを作り、動かすという授業の流れですね。

別途早期コースや高度なコース設定もあり

この授業は最初からプログラミングがあるので、8歳・3年生からが推奨されます。教室によってはもっと年少でも受け入れるところも。

もっと低学年から始めたい場合は、「自考力キッズ」というコースがあります。パズルから入ってロボット、プログラミングを2年間でこなします。

また、通常カリキュラムのあと、3年目からはより高度な「エキスパート編」がありますが、継続は任意。進む場合は追加のパーツ購入費用がかかります。

気になる費用はどれぐらい?

実は、費用については公式サイトには情報がありません。いくらにするかは、フランチャイズ各教室の判断に任されているようなんです。

そこで、体験談や口コミから集めた情報で推定した数値を書いておきます。
まず、最初に払う初期費用です。入会金が無料の教室もあるみたいですね。

初期費用(税込)
入会金 0~10,000円
ロボット代※ 35,000~40,000円

※3年目からのエキスパート編では追加キット代が必要

つづいて、毎月払う授業料です。テキスト代やプログラミング用のパソコンレンタル料は取らないみたいです。

月当り費用(税込)
授業料 11,000~12,000円
テキスト代

ここもヒューマンアカデミーに劣らずリーズナブルな料金です。入会には無料体験への参加が条件なので、満席にならないうちに申し込みましょう。

西宮市の小学生向けロボット・プログラミング教室14校を紹介!

西宮市には、おすすめ以外にもロボット・プログラミング教室がたくさんあります。教室の内容を簡単に紹介していきましょう。

スタープログラミングスクール

この教室はコースが多彩。プログラミングでもタブレットとパソコンがあり、ロボット制御、Webプログラミングまで学べます。

小学校低学年はタブレットのみ。命令ブロックをくっつけるスクラッチから入り、
慣れるにしたがってステップアップしていきます

概要です。

授業内容 ロボット・Webプログラミング
授業回数 タブレットは60分1年40回 PCは90分2年80回 Webは1年
初期費用(税込) 入学金6,600円 ロボット代45,000円(分割、レンタルあり)
受講費用(税込) 授業料9,900円~15,400円(月会費込)
対象 小学生、中学生
特長 コースが多彩
西宮市内の教室 イオン西宮教室 イトーヨーカドー甲子園教室
URL https://www.star-programming-school.com/

JEUGIAカルチャーセンター

この授業は、会場をJEUGIAカルチャーセンターが用意して、ロボットプログラミングの授業は別の会社が行います。なので、内容は会場ごとに大きく違います

ロボットも段ボール製だったりレンタルだったり。ロボットなしでプログラミングだけの講座もあります。

西宮市ららぽーと甲子園の概要です。

授業内容 ロボットプログラミング
授業回数 2時間 月1回クラスと2回クラス 全6回
初期費用(税込) 教材費8,800円
受講費用(税込) 月1回クラス:小学生5,500円、中学生6,600円 2回クラス11,000円
対象 小学校1年~6年生 中学生クラス
特長 タブレット持参 ロボットは段ボール製
西宮市内の教室 JEUGIAカルチャーセンターららぽーと甲子園
URL https://culture.jeugia.co.jp/lesson_detail_23-24012.html

トライ式プログラミング教室

ここの教材はソニーエデュケーション製KOOVのロボットですが、カリキュラムはトライ独自のものになります。

授業時間や費用は教室により違います毎週90分か隔週180分の濃縮短期間コースも。

概要です。

授業内容 ロボット・プログラミング
受業回数 90分月2回か4回または180分隔週 24回で終了
初期費用(税込) 入学金10,000~ ロボット代45,000円(分割、レンタルあり)
受講費用(税込) 授業料14,000~15,000円 管理費1,000円~2,600円
対象 小学校1~6年生
特長 KOOVを使うが授業はトライ独自
西宮市内の教室 3ヵ所
URL https://www.kobekyo.com/programming/

Hero’s プログラミング

Hero’s プログラミングは、プログラミングコースとロボットプログラミングコース、それに、ゲーム制作コースもあります。

ただ、教室や費用に関するデータが少ないのが、利用者には少々不安な部分ですね。
概要です。

授業内容 プログラム、ロボット、ゲームの3つのコース
授業回数 60分が月4回 教室によって差がある
初期費用(税込) 非公開
受講費用(税込) 非公開
対象 小学3年生~ ゲームは1年生から
特長 他にはあまりないゲームを作るコースが特長
西宮市内の教室 Hero’s 門戸厄神駅前校
URL https://heros-program.com/school/kansai/191/

レゴスクール

世界的に知られたレゴ社のブロックが教材です。プログラミングは6~7歳児からのコース。ロボット教材は8~10歳児から2年間のコースで学びます。

教材のレゴブロックは毎年追加購入が必要。別途テキストが毎年5,000円、指導関連費が月1,000円かかるし授業料も高め。少々費用がかさみそうですね。

概要です。

授業内容 ロボットプログラミング
授業回数 基本50分年間42回 ロボット上級は90分を月2回年間24回
初期費用(税込) 入会金1~2万円 レゴ代(毎年)1~6万円
受講費用(税込) 月謝13,000~16,000円(教室、年齢で違いがある)
対象 3歳~ プログラミングは6~7歳から ロボットは8~10歳
特長 レゴブロックが教材(購入費用が毎年かかる)
西宮市内の教室 西宮北口ゲート館5F
URL https://legoschool.jp/locations/nishinomiya/

もののしくみ研究室

教育産業大手の学研によるロボットプログラミング講座です。小学校3年生からが対象で、段階的に3つのコースを3年かけて学びます。

保育所年長、1~2年生の低学年には「しくみKids」コースもあります。

概要は次の通り。

授業内容 ロボット・プログラミング
授業回数 基本90分を月2回 3年間で36テーマを消化
初期費用(税込) 入会金5,500円~ 教材費22,000円~
受講費用(税込) 11,000円~
対象 小学3年生以上が対象 低学年は、しくみKidsコース
特長 アーテック製のブロックロボット教材
西宮市内の教室 Dr.関塾苦楽園校 資格学校アテナ甲東園校 新響楽器甲子園
URL https://robot.gakken.jp/features1

ロボ団

ロボ団は1年目からプログラミングに入ります。授業は二人一組。ロボットがレンタルなので、初期費用が少ないのがいいですね。予習復習はタブレットで。

ただ、二人一組だと、気の弱い子は見るだけにならないかと、心配する親御さんもいるようです。

ロボ団の概要です。

授業内容 ロボット・プログラミング 言語によるプログラムまで
授業回数 スタート90分月3回, ベーシック90分4回または180分2回
最長5年
初期費用(税込) 入会金11,000円~
受講費用(税込) 13,000~16,000円(2年目まで)
対象 年長、6,7歳~
特長 ロボットはレンタルで初期費用軽減 オリジナルテキスト
西宮市内の教室 上甲子園校 苦楽園校
URL https://robo-done.com/

AXISアクシス

アクシスは、ソニー・グローバルエデュケーションが開発したロボット・プログラミング教材「KOOV」を使います。

ロボットはレンタルで、低費用なのが特長です。でも、作ったロボットを持って帰れないので、その点は不評ですね。

概要です

授業内容 ロボット・プログラミング
受業回数 2週ごとに1回80分
初期費用(税込) 入学金・ロボット代不要 テキスト代年額2,854円
受講費用(税込) 授業料8,128円 教材利用料2,018円
対象 小学校3~6年生
特長 KOOVのロボットを使うがカリキュラムはAXIS独自
西宮市内の教室 6ヵ所
URL https://axis-kobetsu.jp/styles/programming/main.html

ファロス個別ロボットプログラミング教室

ファロスは第一ゼミナールが運営する、個別指導のロボットプログラミング教室です。使用するのはソニーのロボットKOOV。

ロボットやパソコンはレンタルなので、初期費用は入会金だけで済みます。ただ、その分教材費を払うので、トータルではそう違わないでしょうね。

ファロスの概要です。

授業内容 ロボットプログラミング
授業回数 80分を月3回 約1年半で終了
初期費用(税込) 目安・入会金16,800円
受講費用(税込) 目安・月6,100円 別途ロボットなど教材費年2回13,000円
対象 小学3年生~6年生 1~2年生も相談可
特長 ソニーのロボット教材KOOVを使用、ロボットはレンタル
西宮市内の教室 ファロス甲子園口駅前教室
URL https://www.pharos21.net/school/hyogo/nishinomiya/koshienguchiekimae/

プログラボ

プログラボでは年長・1年生のビギナーからプログラムを始めます。最初は負担の少ないタブレット端末。ビジュアルプログラムでロボットを動かします。

次のベーシックコースでは、もうパソコンのマウスやキーボードを使います。プログラム重視なのがプログラボの特長ですね。

費用は授業料のみ。入学金や教材費は一切かからないのも大きな特長です。

概要は次のとおり。

授業内容 ロボット・プログラミング
授業回数 ビギナー50分月3回, ベーシックコース以降90分3回 最長5年
初期費用(税込) 入会金0円
受講費用(税込) 9,900~12,100円(コースによる)
対象 年長、6,7歳~中学生
特長 ロボットやパソコンなど教材費は不要 オリジナルテキスト使用
西宮市内の教室 プログラボ 夙川
URL https://www.proglab.education/school/shukugawa.html

8×9ハック西宮スクール

この講座ではロボットは使わず、プログラミングだけになります。なので、最初からマウスやキーボードを使ったりローマ字入力の練習も。

初級はビジュアルソフトのスクラッチを学び、順次、独自開発の8x9craftやJavascript、Androidなど、Web言語を使ったプログラムまでを学べます

概要は次の通りです。

授業内容 プログラミング
授業回数 月2回~8回 3年で
初期費用(税込) 入会金22,000円
受講費用(税込) 月2回9,900円 月4回17,600円 月8回30,800円
教材費PC無料
対象 小学校3年~中学生
特長 3年でアプリ開発を目指す(個人差あり)
西宮市内の教室 8×9ハック西宮スクール
URL https://programming-schoolroom.com/hyogo/8×9-4.php

プログラミンGO

この教室はロボットなしのプログラミング教室です。受講料は税抜き1回千円ですが、週1回通って維持費千円やテキスト代も入れると、月額税込7千円ほど。

特に初期費用が千円程度で済むので、ロボットより格安なのは間違いありません。

概要です。

授業内容 プログラミング
授業回数 1回50分 月4回以上なら回数自由
初期費用(税込) 入会金1,100円
受講費用(税込) 月5,500円(4回)~9,900円(8回)  教材費880~1760円(4回)
対象 小学校3年生~中学生
特長 受講時間が予約制で自由 費用が安い
西宮市内の教室 市民パソコン塾 西宮校
URL https://www.program-school.com/#features

Meiko Code Labo

Meiko Code Laboは明光義塾が運営する子供向けプログラミングの教室。7ヵ月27回の入門コースと、1年48回のベーシックコースで授業が行われます。

JavaScriptを使い、ビジュアルプログラムではできない本格的なプログラミングが体感できる授業です。学習塾と併設。

概要はこちら。

授業内容 プログラミング JavaScript使用の本格的プログラムまで
授業回数 月4回で45分と90分のコースあり
初期費用(税込) 入会金0円
受講費用(税込) 入門コースは45分が9,680円 90分が16,280円(目安)
別途維持費(非公表)
対象 小学生1年~6年
特長 入会金なし 本格的なタイピングも身につく
西宮市内の教室 明光義塾 西宮北口教室
URL https://www.meikogijuku.jp/

QUREOプログラミング教室

ここもロボットなしのプログラミング教室です。教材にストーリー性があり、キャラクターがいてゲーム感覚で学習できるので、飽きることもないでしょう。

もともと個別指導をうたう学習塾の運営なので、子供に応じた個別の対応が期待できます。入会金不要で、月々の費用も授業料だけで済みます。

概要です。

授業内容 ビジュアルプログラミング使用 全部で420レッスンで内容は豊富
授業回数 60分が月4回
初期費用(税込) 入会金0円
受講費用(税込) 月9,900円
対象 小学2年生~6年生
特長 サイバーエージェント開発のオリジナル教材 家庭での復習も可
西宮市内の教室 3ヵ所
URL https://qureo-school.jp

西宮市の小学生向けロボット・プログラミング教室16校を比較!

これまで見てきたロボット・プログラミング教室では、費用にかなり違いがあったようです。どこが違うのか、費用だけをまとめてみました。

おすすめの2校も含めて16校を比較します。

 教室名 入会金 ロボット代
教材費
授業料
管理費等
備考
①ヒューマンアカデミー 11,000円 31,350円 10,450円 追加キット有
②アーテック
エジソンアカデミー
10,000円 35,000円~ 11,000円~ 追加キット有
③スタープログラミング
スクール
6,600円 45,000円 9,900円~
④JEUGIAカルチャー
センター
0 8,800円~ 5,500円~
⑤トライ式
プログラミング教室
10,000円~ 45,000円 15,000円~
⑥Hero’sプログラミング 非公表 非公表 非公表
⑦レゴスクール 1~2万円 1~6万円 13,000円~ 毎年レゴ追加
⑧もののしくみ研究室 5,500円~ 22,000円~ 11,000円
⑨ロボ団 11,000円 0 13,000円~ ロボット
二人一台
⑩AXISアクシス 0 毎月2,018円 8,128円 ロボット
レンタル
⑪ファロス個別指導学院 16,800円 年2回
13,000円
6,028円 ロボット
レンタル
⑫プログラボ 0 0 9,900円~ ロボットなし
⑬8×9ハック
西宮スクール
22,000円 0 1~3万円 ロボットなし
⑭プログラミンGO 1,100円 2,000円迄 5,500円~ ロボットなし
⑮Meiko Code Labo 0 0 9,680円~ ロボットなし
⑯QUREO
プログラミング教室
0 0 9,090円 ロボットなし

※金額は税込
※教室の多くはフランチャイズ。同じグループ内でも授業内容・費用が変わります。
※維持費、管理費といった名目で、この表以外に費用がかかることがあります。

費用だけでは決め手にはならないかも?

費用だけを見ても千差万別ですね。

入学金の有無は大きいんですが、同じ名前の教室の中でも要不要が分かれます。これはいらないほうがいいに決まってますよね。

他に、費用に違いが出る要因は教室のタイプ。

  1. ロボットが買い取り制の教室…上表の①~⑧まで
  2. ロボットはレンタルの教室…上表の⑨~⑪まで
  3. ロボットを使わない教室…上表の⑫~⑯まで

教室はこのように3つのタイプに分かれます。

① のロボット買取タイプが多数派ですね。これだと初期費用が大きな負担なんです。それだけで2万円~6万円かかりますからね。

② のレンタルなら費用はわずかですが、授業料にいくらか入っているはず。

それに、レンタルでは持って帰れないので、買取みたいに講座終了後も遊ぶことはできません。支払う費用だけでは損得は言えないんです。

総費用で言えば、安いのは③。ロボットなしのプログラミング教室です。でも、子供が好きなのはやっぱり動くロボット。通ってもらうには、その威力は絶大です。

ただ、ゲームのほうが好きな子もいるので、どこがいいかは総合的な判断が必要費用だけで一概には言えなさそうです。

オンラインでロボット・プログラミングを学ぶならこの2選だけ!

ロボット・プログラミングは、オンライン教室なら好きな時に自宅で授業が受けられます。マイペースでいいし受講料も安く、交通費もかかりません。

メリットがいっぱいのオンラインスクールを2つ紹介します。

Z会プログラミング講座

この講座の特長は、教材にレゴを使うこと。日頃レゴで遊んでいる子なら、作ったものが動くのに感動するはず。自分から積極的に学ぼうとするでしょう。

コースは基礎編(小学校1年生~・12回1年)、標準編(小学3年生~・12回1年)で構成されます。(発展編もありますが、現在休止中)

受講にはタブレットかパソコンを使うので、インストールなどの事前準備が必要です。

費用は次のとおり。

初期費用(税込) 金額
入会金 0円
基礎編ロボット代 26,620円
標準編ロボット代 50,380円
月当り費用(税込) 金額
基礎編授業料 5,092円
1年分一括払 51,942円
標準編授業料 5,800円
1年分一括払 59,160円

学習の流れ

月に2つずつのテーマがテキストによって示されます。それに沿って、①レゴでロボットを作り、②プログラムで動かし、③動きを工夫する、という流れです。

この講座では、専用言語ではなく、画面上でスクラッチと呼ばれるブロックをつなぐ方法でプログラムを作ります。視覚的なので、1年生でも大丈夫。

この流れは、基礎編でも標準編でも同じ。毎月届く紙のテキストに従って、90分~150分相当の学習量×2テーマをこなします。

D-SCHOOLオンライン講座

この講座は、プログラミング学習のコースが多彩なことが特長です。

  • マイクラッチJrコース…ゲームのマインクラフトを利用。1年生~
  • マイクラッチコース…jrコース修了者が対象。3年生~
  • 英語&プログラミングコース…プログラミングに英語を使用。3年生~
  • ロボットプログラミングコース…ロボットを作り動かす。3年生~
  • ゲーム制作コース…スクラッチを使ってゲームを作る。1年生~

学習期間はロボットが6回・半年。あとは12回1年間で学びます。ただし、ゲーム制作は1回だけです。

どれにするか迷いますが、マイクラッチ2つと英語プログラミングは14日間無料コースがあるので、試してから入会すればいいんです。

このあたりは、オンライン特有の不安をなくすいい方法ですね。

ロボットが好きならロボットプログラミング、ゲームが好きならゲーム制作もいいでしょう。英語プログラミングもゲーム仕立てです。

費用は下記の通りです。

初期費用(税込) 金額 備考
マインクラフトアプリ 3,000円 マイクラッチ、Jrのみ
ロボットキット送料 648円 ロボットプログラミングのみ
月当り費用(税込) (年払いあり)
マイクラッチ、Jrとも 3,980円
英語&プログラミング 3,980円
ロボットプログラミング 4,980円
ゲーム制作 1,980円

学習の流れ

申し込み後、アプリのインストール作業がありますが、これは両親の仕事。時間は40~50分ほどかかるので、気持ちに余裕があるときにやりましょう。

もちろん動画による説明があるので、その通りやれば大丈夫です。

実際の学習では、毎月紙のミッションガイド(テキスト)が郵送されてきます。その手順を参考に学習していきます。

説明の動画を見ながら画面を操作するんですが、最初はPC操作に苦労するでしょう。でも、説明動画を繰り返し見るうちにできるようになります。

わからなければわかるまで、ゆっくりと何回も再生できるのがオンラインのいいところでしょうね。

まとめ

西宮市だけに限ってロボット・プログラミング教室を見てきましたが、たくさんあるものですね~。

プログラミングを学ぶ手段として、大きく分けてロボットを作り動かす教室と、モノではなくゲームなどを使う教室の二通りありました。

どちらかというと、ロボットを使うほうが多数派。その分費用はかかりますが、やはり、手で触って動くもののほうが理解しやすいようですね。

ロボットプログラミング教室・ベスト3は?

おススメの教室・ヒューマンアカデミーとアーテックエジソンアカデミーもロボットタイプでした。ベスト3のうち2つはこの教室を推します。

  • ヒューマンアカデミーは充実したカリキュラムと、リーズナブルで最長6年も使える高性能なロボットが特長
  • アーテックエジソンアカデミーの教材は、プログラミング教育の実証モデルになった優れモノ

もう一つはオンライン教室です。通わずに自宅でマイペース。何回でもわかるまで繰り返し学べます。しかも受講料は格安

2つ紹介しましたが、Z会は少し高くても高性能のレゴ製ロボット。D-SCHOOLはプログラミングのメニューが豊富。どちらか子供に合うほうを選んでくださいね。

教室はじっくりチェックしてから決定!

3つの教室をおすすめしましたが、決めるには費用や教材を納得いくまでしっかりチェックすることです。

多くの教室は体験教室を実施しているので、必ず参加して子供に合うかどうか確かめてくださいね。

情報がつかみにくい教室、説明が腑に落ちない教室は避けた方がいいでしょう。